「主婦歓迎」の募集

飲食店の求人サイトでは、「主婦歓迎」の募集を探そう

飲食店の募集している求人の中には、中学生や高校生など顧客の中心になっているようなファーストフードのような若い年齢層のお客様の接客がメインになっているアルバイトもあります。応募する人が中高年の場合は、そのような若い世代向けの飲食店では年齢で不採用になるのではないかという不安をもつことも多いです。

平成19年10月に雇用対策法と呼ばれる法律が改正されたことにより、客層の年齢と従業員の年齢に差があることを理由に採用をしないのは法律違反になります。そのため、年齢だけで不採用になることは少ないです。しかし、顧客の大半が若い年齢層の場合は、アルバイトの従業員も同等の年齢層であることも多く、採用されても働きづらいという不安もあります。

飲食店で勤務するアルバイトの年齢層は、時間帯によって大きく異なります。平日のランチタイムは、比較的主婦が勤務していることが多いため、年齢層は高めのことが多いです。逆に夕方以降の夜間や土日祝日は大学生や高校生、専門学校生などの若い年齢層の人がメインになっていることが多いです。飲食店のジャンルによっても従業員の年齢層は違い、ファーストフードやファミレス、居酒屋などは体力と迅速な接客対応が求められるため、10代から20代の若い年齢層が採用されやすいです。

料亭や一流ホテルの場合は、利用するお客様の年齢も高いため、30代以上の落ち着いた年齢の人を好む傾向があります。お酒を提供することが多い居酒屋やバーの場合は、18歳以下は採用しないなどの年齢制限がかかっていることがあります。深夜営業しているお店の場合は、深夜以降の時間帯に関しては、18歳以下は採用しないなどの時間帯で年齢制限を行っていることもあります。

また、18歳以上でも高校生は不可など条件がついているケースもあるため、求人サイトを見るときは確認をしておいたほうよいです。求人サイトでは、「大学生、高校生大歓迎」「主婦や社会人歓迎」などの項目が追加されていることもあります。法律上、年齢制限はできないため、飲食店では本当に欲しい年齢の人材を確保するためにさりげなく求めている年齢層を広告や求人サイトでアピールしていることが多いです。

応募するときに年齢制限が気になる場合は、自分の年齢層を求めているお店を絞って探すのがおすすめです。しかし、ほかの業界や職種に比べると比較的年齢制限が緩い傾向が飲食店のアルバイトの最大の魅力でもあります。採用側も周囲とすぐになじむことができて、笑顔で接客ができる人を一番に求めていることが多いです。